ヘルタ指揮官が原口元気を批判…気負う理由を「過剰なモチベーション」と分析

コメント()
ダルダイ監督はパフォーマンスの改善を求める。ケルン戦では3失点に関与。

ヘルタ・ベルリンのパル・ダルダイ監督はケルン戦の敗戦後、原口元気のパフォーマンスの低さを指摘し、名前を挙げて改善を求めている。ドイツ紙『BZ』が報じた。

ヘルタは18日、ブンデスリーガ第25節でケルンと対戦。原口は先発出場したが、ケルンFW大迫勇也の先制点などもあり、2-4で敗れている。試合後、自身のミスの多さが失点に繋がったと反省した原口であったが、ダルダイ監督も指摘した。

「ゲンキはほとんど何もできていなかった。一方で3つの失点に絡んでしまっていたんだ。ミスが多くなっていけば、ドミノのようにどんどんミスが増えていってしまう」

また、指揮官は原口が気負っている理由は「過剰なモチベーション」にあると分析。その理由もすでに明らかになっているという。

「(ライバルである)ミッチェル・ヴァイザーの復帰だろうね。それにより、彼は全員に力を証明してやろうと躍起になっている」

24試合に出場しながら、1ゴールにとどまる原口。一部ではゴールに絡む能力の低さこそ契約延長が進んでいない理由の一つとも考えられている。原口はこういった点を改善していけるだろうか。

ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
プレミア他クラブにとっては悪夢? デ・ヘア、今後のキャリア全盛期もマンチェスター・U在籍希望か
次の記事:
乾、北川…求められる控え組の爆発。1位突破を懸けたウズベク戦で停滞感を打破できるか?
次の記事:
「皆めっちゃディスってきますが…」 UAEでの苦労から成長を語る塩谷司。真夏の熱湯シャワー、冷房故障…
次の記事:
原口元気、左サイドでコンビを組む長友との連携面は…「感覚的な部分ですり合わせが必要」
次の記事:
柴崎岳、2戦消化で連係面の上積みを実感「公式戦での日本代表というのが出てきた」
閉じる