ヘルタ、ライプツィヒから若手FWを獲得…ELへ向け、着々と準備を進める

コメント()
Getty Images
躍進したライプツィヒで出場機会を失っていた22歳ゼルケ。欧州カップ戦の出場権を持つヘルタで再起を期す。

ヘルタ・ベルリンがRBライプツィヒからFWダヴィー・ゼルケ(22)を長期契約で獲得した。移籍金は明らかになっていない。

ゼルケは2015年からライプツィヒでプレー。初年度こそ2部に在籍するチームのエースとして活躍したが、2年目となった2016-17シーズンではファーストチョイスではなくなった。ブンデスリーガの先発出場はわずか2試合にとどまり、ヘルタへの移籍を決断したようだ。

今回の移籍に際してゼルケは以下のようにコメントしている。

「ヘルタは僕にとってブンデスリーガのビッグクラブだ。ワクワクしているよ。先数年に渡り、ヘルタを助けたいし、今よりもっと良い順位に上がっていけることを確信している」

ヘルタはブンデスリーガを6位で終え、来季のヨーロッパリーグ参戦を決定。なお、ゼルケは27番のユニフォームを身にまとい、新天地で戦うこととなる。

閉じる