ヘルタの選手がゴール後にキス…DFLはソーシャルディスタンシング違反を罰しないと発表

コメント()
Dedryck Boyata Marko Grujic Hertha Berlin Hoffenheim 2019-20
Getty
【欧州・海外サッカーニュース】新型コロナウイルスによる中断から再開されたブンデスリーガでは、ゴールセレブレーション中のソーシャルディスタンシングに関する規則違反があっても処分は科されないようだ。

ドイツ・フットボールリーグ(DFL)は、ゴールセレブレーション中にソーシャルディスタンシングに違反しても選手を罰しないと発表した。

新型コロナウイルスによる中断から約2カ月経った16日、ついにヨーロッパの主要リーグの中でブンデスリーガが初めて再開する。しかし、感染のリスクを最小限にするために、不用意な接触や接近は避けるように各選手には通達されていた。

ドルトムントのアーリング・ハーランドは、シャルケ戦の先制点の際に他のチームメイトと距離を取ってゴールを祝い合うなどソーシャルディスタンシングを順守。その一方で、ヘルタ・ベルリンのデドリク・ボヤタは、ホッフェンハイム戦での先制点のセレブレーション中にマルコ・グルイッチの頬にキスする行為に出た。

これを受け、DFLのスポークスマンは「ゴールセレブレーション中のソーシャルディスタンシングについては、ガイドラインの中で推奨されているに過ぎない。そのため、処分は必要ない」と選手同士がセレブレーション中に接触してもリーグ側としては当該選手に対して処分を科さないことを認めた。

また、ヘルタのブルーノ・ラッバディア監督は「外部の人間がこの行為を理解してくれることを願っている。これはあくまでも推奨されているだけだ。我々は6回検査して全員が陰性だった」と得点後の選手たちの感情への理解を求めた。

ホッフェンハイム対ヘルタの一戦では、その他にヴェダド・イビシェヴィッチの唾吐きが確認された。唾吐きはガイドラインの中で禁止される行為であり、試合中に罰せられることはなかったが、今後波紋を広げる可能性がありそうだ。

ブンデスリーガ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

閉じる