プレミア行き報道の原口元気、ヘルタが望む移籍金は?合意額次第で他選手の去就にも影響

コメント()
(C)Getty Images
ブライトンと交渉に入っていると報じられる原口。クラブ間の移籍金交渉はまだ控えているはずだが…。

ヘルタ・ベルリンは日本代表FW原口元気の売却で600万ユーロ(約7億5000万円)の移籍金を得る考えのようだ。地元紙『ベルリーナ・クリーア』が伝えている。

ドイツ誌『キッカー』は先日、原口はプレミアリーグ昇格組のブライトン&ホーヴ・アルビオンとの交渉に入ったと報道。以前からプレミアリーグ挑戦が「夢」と伝えられてきた同選手だが、3年間過ごしたヘルタの退団が濃厚となっている。

そんな中、ヘルタは原口に対しブライトンから移籍金600万ユーロの取引を希望しているようだ。『ベルリーナ・クリーア』によれば、その金額でブライトンと話がつけば、ヘルタで出番を失っている元スイス代表のMFヴァレンティン・シュトッカーをバーゼルへ安価で放出するという。

ヘルタはすでに原口の後釜と見られるオーストラリア代表FWマシュー・レッキーをインゴルシュタットから獲得している。さらに今後ボルシア・メンヒェングラッドバッハに所属するFWアンドレ・ハーンといった前線の各ポジションをこなすアタッカーを獲得する可能性が浮上しているところだ。

閉じる