フォルラン、過去にメキシコから多数オファーを受けていた「実現しなかったがメキシコは…」

2018_8_7_forlan
(C)Getty Images
【欧州・海外サッカーニュース】現ペニャロール指揮官のフォルランが、現役時代にメキシコ行きも選択肢にあったと明かしている。また、ウルグアイの英雄はメキシコのサッカーを高く評価していたようだ。

2010年の南アフリカ・ワールドカップ大会MVPであり、2014~2015年までJリーグでプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン。ウルグアイの英雄が、かつてメキシコから複数のオファーを受けたものの、実現しなかったと明かしている。

現在ペニャロールを率いているフォルランは、メキシコ『Record』の取材で「昔からメキシコに対しては素晴らしい印象を抱いていたよ。昔から偉大な選手を輩出しているし、現役時代はメキシコでプレーしたかった。実現しなかったんだけどね」と語っている。

「正直に言うと、現役時代にメキシコのチームから何度もオファーを受けていたよ。記憶にあるだけでもクルス・アスル、サントス・ラグナ、モナルカス・モレリアから打診があったと思う」

フォルランは「私はカルロス・エルモシージョ(元メキシコ代表のレジェンド)と仲が良くてね。彼からもメキシコに来いよと誘われていた。ただ、彼は青の人間(クルス・アスルOB)だったから、他のチームを選択するようなことがあったらカルロスに怒られただろうね」と続け、メキシコリーグ挑戦の道も過去には選択肢にあったと明かしている。

1979年生まれのフォルランは下部組織時代からペニャロール、ダヌービオと渡り歩き、アルゼンチンのインデペンディエンテでトップデビュー。その後、マンチェスター・ユナイテッド、ビジャレアル、アトレティコ・マドリー、インテル、インテルナシオナウ、セレッソ大阪などに在籍した。

結果としてメキシコリーグに籍を置くことはなかったが、ウルグアイのレジェンドはメキシコサッカーに好印象を抱いていた模様だ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

閉じる