ファン・ダイクのスタメン落ちの理由…クロップ監督「極めて普通のこと」

コメント()
Liverpool
ハダースフィールド・タウン戦で出番のなかったビルヒル・ファン・ダイクの状態について、ユルゲン・クロップ監督は、欠場はフィットネスの問題であると説明し、チームへの適応に問題はないことを強調した。

ハダースフィールド・タウンに3-0と快勝したリヴァプールだが、この試合で出場機会の無かったDFビルヒル・ファン・ダイクについて、ユルゲン・クロップ監督が理由を説明している。

DF史上最高額となる7500万ポンド(約115億円)でサウサンプトンからリヴァプールに加入し、FAカップのエヴァートン戦でデビューを飾ったファン・ダイクだが、その後先発したウェスト・ブロムウィッチ戦とスウォンジー・シティ戦でチームが連敗し、ハダースフィールド・タウン戦では出番が訪れなかった。

試合後のインタビューで、ここまで思うような活躍を見せられていないオランダ人センターバックについて問われたクロップは、「サウサンプトンとリヴァプールではプレースタイルが全く違うし、彼はまだ我々とほとんど一緒にプレーしていない、適応に時間がかかるのは極めて普通のことだよ」と擁護した。

続けて、ハダースフィールド戦に出場しなかった理由についても、「今日出場しなかったのは、フィットネスの問題だ。彼はとても重要な選手だし、すぐにいいプレーを見せてくれると確信しているよ」と説明し、周囲の疑問を一蹴した。
不安定な守備陣を改善するために冬のマーケットで加入したファン・ダイクだが、熾烈なCL出場権争いを続けているリヴァプールの最終ラインに安定をもたらすことはできるだろうか。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる