「ピョンテクとクトローネは昔のシェフチェンコと私」インザーギがミランの将来を確信

コメント()
Getty Images
ミランのレジェンドのフィリッポ・インザーギは、クシシュトフ・ピョンテクとパトリック・クトローネを見て、自身の現役時代を思い出したようだ。

ミランのレジェンドであるフィリッポ・インザーギが、26日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、古巣の若手2人に期待を寄せた。

ミランでは昨シーズン、下部組織出身の21歳FWパトリック・クトローネが頭角を現し、リーグ戦10ゴールを挙げる活躍で若手主体のチームをけん引。そのプレースタイルから“インザーギの後継者”として注目を集めた。そして今冬、ジェノアからポーランド代表の23歳FWクシシュトフ・ピョンテクが加入。合流直後からゴールを量産し、インザーギの元同僚であるウクライナ代表監督のアンドリー・シェフチェンコの後継者として期待が集まる。

かつてミランの黄金期を支えた“スーペル・ピッポ”は、古巣の将来を2人の若者に託した。

「私とシェフチェンコがミランで築き上げたことを、ピョンテクとクトローネで再現できることを願っている。2人は、クラブや(ジェンナーロ)ガットゥーゾが作り上げていくチームの将来を担う選手であると確信している。(ミランの低迷以降)時間はかかったが、光が見えている」

またインザーギは、最近、ピョンテクの活躍の影に隠れつつある愛弟子のクトローネに対し、メッセージを発信。「クトローネには私からアドバイスをしたい。ミランに残るんだ。これ以上の最良の選択肢はない」と主張した。

最後に元ミランFWは、元同僚で指揮官のガットゥーゾや、幹部のレオナルド氏およびパオロ・マルディーニ氏に信頼を寄せた。

「リーノ(ジェンナーロの愛称)は闘志も能力もある。(アントニオ)コンテがユヴェントスで成し遂げた偉業をミランで達成してくれるはずだ。その兆しが見える。レオナルドと(パオロ)マルディーニは明確なビジョンを持っている。ミラン復活に必要なすべてが揃っている」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる