バルセロナ、S・ロベルトが危険なタックルで負傷させたペレイラに電話で謝罪

コメント()
Getty Images
ペレイラはコパ・デル・レイ準決勝第1戦で負傷

バルセロナMFセルジ・ロベルトが、バレンシアMFアンドレアス・ペレイラに電話をかけて謝罪したようだ。

1日のコパ・デル・レイ準決勝第1戦でバルセロナは本拠地カンプ・ノウにバレンシアを迎え、1-0と勝利した。S・ロベルトはこの試合でペレイラに激しいタックルを喰らわせ、ペレイラは負傷退場を余儀なくされた。

S・ロベルトはあのタックルでレッドカードを受けるべきだったと批判を浴びているところだ。ペレイラは負傷で1カ月の離脱が見込まれており、コパ準決勝第2戦には出場できない。

先日ソーシャルメディアを通じて自身のタックルを詫びていたS・ロベルトだが、その後ペレイラに直接電話をして、謝罪を行ったという。ペレイラはS・ロベルトの謝罪を受け入れ、両者の間にわだかまりはなくなったとみられている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる