Goal-live-scores

バルサ、コウチーニョ売却考慮?130億以上のオファー受け入れへ…ユナイテッドとチェルシーが興味か

バルセロナは、MFフィリペ・コウチーニョを売却することも考慮しているようだ。『ESPN』が伝えている。

2018年1月にリヴァプールからボーナス込みの移籍金1億6000万ユーロ(約217億円:当時)で加入したコウチーニョ。加入当初はコンスタントに出場機会を手にしていたが、徐々に減少。直近のリーガ5試合で先発は2試合、今季ゴール数も「4」とその実力を発揮できないでいる。第27節のラージョ・バジェカーノ戦(3-1)では、交代時にブーイングも浴びていた。

そんなブラジル代表MFについて、バルセロナは売却も考えているようだ。『ESPN』によると、9000万ポンド(約130億円)以上のオファーであれば受け入れるという。正式なオファーはないが、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーが状況を注視しているようだ。

以下に続く

同メディアは、クラブ情報筋の話として「現時点で正式なものはないが、一部のクラブからは関心を明らかにしている。様々なクラブのキーマンが、状況を密接に追いかけている」と伝えている。

また情報筋は、「彼はトレーニングを楽しんでおり、幸せを感じている。しかし、ピッチでは何かが起きて、それはうまくいっていない。先発を勝ち取るのに十分なクオリティはあるので、自信を取り戻して欲しい」と語ったようだ。

26歳のブラジル代表MFは、来季どのクラブでプレーすることになるのだろうか。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores
広告