バイエルン、痛恨ドローで2位との勝ち点差広げられず…降格圏ニュルンベルクとまさかの激闘に

コメント()
Getty Images

ブンデスリーガ第31節が28日に行われ、首位のバイエルン・ミュンヘンはニュルンベルクと対戦した。

今節は2位のドルトムントが敗れたため、首位のバイエルンにとっては勝ち点差を広げるチャンス。加えて相手が降格圏に沈むニュルンベルクであるため、白星が期待された。しかし、前半をスコアレスで終えると、後半開始早々にはマテウス・ペレイラの見事なミドルシュートが突き刺さり、ニュルンベルクが先制に成功する。

それでも、キングスレイ・コマンの浮き球パスからセルジュ・ニャブリが押し込んで同点に。バイエルンは逆転ゴールを目指し、再三ゴールへ迫るが、終了間際にアクシデント。コーナーキックからアルフォンソ・デイヴィスがファウルを犯し、ニュルンベルクにPKを献上する。キッカーはティム・ライボルトとなったが、左足のキックは右ポストに弾かれ、ニュルンベルクイレブンは呆然と頭を抱える。

逆にアディショナルタイム5分では、コマンがカウンターから抜け出し、キーパーと完全に1対1に。しかし、再三好セーブを見せていたクリスティアン・マテニアがストップし、コマンがうなだれながら試合は1-1で終了した。

バイエルンはドルトムントとの勝ち点差を「2」までしか広げることができず。残り3試合となったが、3位RBライプツィヒ、4位フランクフルトとの試合を残すだけに、バイエルンにとって油断のできないクライマックスとなりそうだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる