ネイマール負傷でブラジルの布陣は…注目集まるチッチ監督の選択

コメント()
Getty/Goal

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

まもなく南米の祭典、コパ・アメリカ2019が開幕する。今大会は日本代表も招待国として参加するため、大きな注目を浴びている。

そんな中、『Goal』で今回ピックアップするのは開催国ブラジル。ホームアドバンテージもありつつ、最高の選手たちを揃え、圧倒的な優勝候補に挙げられる。チャンピオンズリーグ優勝チームであるリヴァプールからアリソンやロベルト・フィルミーノを始め、世界のトップスター23人が集められた。

しかし、大会直前に問題も生じた。それがネイマールの負傷である。カタールとの親善試合で足首の靭帯を断裂し、コパ・アメリカ欠場が発表された。チッチ監督は突如立ちはだかった“難問”をどのように解決するのか。『Goal』で考察していく。

■後方は決定済み

Brazil PS

「すでにスタメンは頭の中にある。しかし、23人を呼び、そこからイレブンを決めることになる」

5月の時点で、そう明言したのはチッチ監督のアシスタント、クレベル・シャビエルだ。他の優勝候補であるアルゼンチンやチリと比べても、ブラジルが取ることのできる選択肢は多い。ただ、これまでの試合から布陣を想定することは可能だ。

ブラジルは直前の2試合で、カタール(◯2-0)、ホンジュラス(◯7-0)と対戦。いずれの試合でもチッチ監督は4-2-3-1を選択した。相手次第では4-3-3や4-1-4-1に変化する可能性もあるが、それは指揮官の微調整に過ぎない。

最後方はアリソン、そしてディフェンスラインは主将のダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバ、マルキーニョス、アレックス・サンドロと、ほぼ決定済み。厳しい決断を下す必要があるのは中盤以上だ。

カゼミーロを主軸とし、パスでリズムを作れるアルトゥールとコンビを組ませる形や、3センターでアランを加えた形などが考えられる。

チッチ監督はこの3人への信頼が大きく、近い役割をこなすことのできるフェルナンジーニョは、ポジション争いにおいて一歩後ろにいる。また、フィリペ・コウチーニョやルーカス・パケッタといった人材は中盤でもプレーすることができるが、バランスを重んじる指揮官のプランを考えると、ここで起用される可能性は低いだろう。

■「ネイマールの代役」は?

Richarlison Brazil Qatar Friendly 05062019

最重要なのは1.5列目より前。当然「ネイマールの代役」と紙面を賑わすポジションだ。

チッチ監督のお気に入りとなってきたのはコウチーニョである。チッチ政権では常に重要な役割を担ってきた。しかし、2018-19シーズンではバルセロナで難しい時間を過ごし、最高のプレーを見せられていない。その点で、ネイマールに代わる絶対的な存在となれるかは疑わしい。

リシャルリソンは得点源として期待できるだろう。ここ1年でのセレソンの活動で最も輝いた選手の一人だ。ロシア・ワールドカップ後に代表デビューを果たし、10試合で5ゴールをマーク。サイドからゴールを奪える選手として欠かせない存在になるだろう。

オプションとしてあるのは、パケッタとダビド・ネレス。いずれも売り出し中の若手で、今大会がさらなるブレイクのきっかけとなる可能性もある。

最前線ではロベルト・フィルミーノが最初の選択肢だ。さらなる“火力”を求める場合、最後の30分間でガブリエウ・ジェズスが投入されるのが通例となっている。スター不在のブラジルは強い。ただ、ネイマールの存在はあまりに大きかっただけに、どのような影響をもたらすのかはわからない。開幕戦でもある14日のボリビア戦ではブラジルの真価が問われる

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる