ネイマールの穴はウスマン・デンベレが補完か…20歳の若者が代役にふさわしい理由

コメント
ブラジル人スター、ネイマールの穴を埋める選手を考えたとき、ドルトムントの若手ウィンガーであるウスマン・デンベレが適役だろう。

先週、ネイマールが290億円という記録的な移籍金でパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したことは多くの人々に衝撃を与えたが、それによってスペインの名門クラブは彼の代役を探さざるを得なくなった。バルセロナはこの悲劇的な移籍の埋め合わせのため、多くの可能性からついにそのターゲットを2人に絞ったようだ。一人はリヴァプールのフィリペ・コウチーニョで、もう一人はボルシア・ドルトムントのウスマン・デンベレだ。

しかし両選手の所属クラブはともに売却を拒否しており、2人のうちのどちらを獲得するにも130億円を超える移籍金が必要だとされている。ただ、どちらが適役か考えるとすると、数字の統計上はデンベレこそがネイマールの代役として最適かもしれない。

デンベレは両足を器用に使いこなせる選手であり、ドルトムントでは右サイドで主にプレーしてきた。しかしバルサは彼を逆サイドで起用し、インサイドへの切り込みとそこからのゴールを期待している。つまり、ネイマールが空けた左ウィングのポジションに彼を欲しているのだ。それはまさに正しい選択だろう。なぜなら二人のプレーを理論的に紐解いても、デンベレがネイマールになり得る数字が出てくるからだ。

Dembele expected goals graphic

『Opta』によると、パスの種類、パスの前後でのゴールまでの距離、パスの長さといった要素から生み出す「アシスト期待値」は、ネイマールの数値は11.53でデンベレは10.73である。このデンベレの10.73という数値は、欧州5大リーグの中で5番目に高いものであり、ネイマールと比べてもわずかに劣るのみだ。

だが、ゴールからの距離、角度、アシストとなったパスのタイプなどの要素によって測られる「ゴール期待値」を見てみると、デンベレのゴール期待値は5.73でネイマールの12.42と比べると明らかに足りない。しかし、デンベレはまだ20歳だ。彼にはまだまだ改善の余地があり、成長の伸びしろがあることを考えると、悲観することはない。

もしデンベレがバルセロナに移籍すれば、彼は今以上に多くの得点機を得ることになるだろう。世界最高のチームでシュートチャンスが増えることは明らかで、すぐそばにはこの2シーズンで多くのゴールを決めてきたリオネル・メッシとルイス・スアレスがプレーしている。これほど心強いことはない。

Neymar Barcelona Real Madrid ICC

もしデンベレがバルセロナに移籍すれば、彼は今以上に多くの得点機を得ることになるだろう。左ウィングのポジションで出場することで利き足でのシュートチャンスが増えるし、すぐそばにはこの2シーズンで多くのゴールを決めてきた世界最高峰のFW、リオネル・メッシとルイス・スアレスがプレーしている。それほど心強いことはない。

これらを総合して考えると、デンベレはその高いアシスト期待値からネイマールの代役として最適であり、今後数年でさらに成長が期待できる。ドルトムントが154億円を超える移籍金を提示したとしても、バルサは支払う意思を示すべきだ。

20歳にしてすでにその名を欧州中に響き渡らせるデンベレは、まさに名門クラブに相応しい選手なのだ。バルサは彼を第2のネイマールとして迎え入れるべき時が来た。

文=ベン・ヘイワード/Ben Hayward

▶リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
スペイン指揮官L・エンリケ、イングランドに敗戦も焦らず「選手を蹴ったり批判はしない」
次の記事:
指揮官からも酷評されるバカヨコが早期放出か…「どうやってボールを奪うかから学ぶ必要がある」
次の記事:
モドリッチが考えるバロンドールにふさわしい選手は?「この1年を考えると…」
次の記事:
「イングランド史上最高の前半」地元記者がスペイン戦勝利に大興奮
次の記事:
あのイブラヒモヴィッチが「俺よりも勇敢」とお手上げ…「世界最高のチームだ」
閉じる