ドラクスラーはPSG残留が既定路線…代理人が言及

コメント()
Getty Images
移籍が取り沙汰されているドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーだが、代理人はPSG残留を強調した。

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーは、今シーズンもクラブに留まるようだ。同選手の代理人が言及した。

ドラクスラーは、バルセロナからネイマールが加入したことで、自身の出場機会が減ることを危惧し、移籍が取り沙汰されていた。このドイツ代表MFには、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リヴァプールといったプレミアリーグのビッグクラブが挙って関心を寄せていた。

フランス紙『レキップ』は、PSGがドラクスラーに構想外であることを宣告し、移籍先を探すように伝えたと報じていた。しかし、同選手の代理人のロジャー・ウィットマン氏は、「レキップが何を書いたかは興味がない。何も変わらないし、彼はここに残る」と語り、ドラクスラーはチームに留まると主張した。

さらに同氏は「もう一度言う。ユリアンに関して出ている話は事実ではない」と強調し、かねてより報じられている移籍話の噂を一蹴した。

ドラクスラーは1月に、ブンデスリーガのヴォルフスブルクからPSGに加入。リーグ戦17試合に出場し、4得点をマークした。今夏はドイツ代表としてコンフェデレーションズカップに出場。23歳ながらキャプテンを務め、最優秀選手にも選出される活躍を見せドイツの初優勝に貢献した。

▶リーグ・アンのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる