ドイツ2部キール奥川vsザンクト・パウリ宮市の日本人対決は決勝点アシストの奥川に軍配

コメント()
Getty Images
ドイツ2部キールがザンクト・パウリを撃破…奥川がこの試合で決勝ゴールをアシストしている。

ブンデスリーガ2部第28節、ホルシュタイン・キールvsザンクト・パウリの一戦が6日に行われた。

キール奥川雅也は先発出場、ザンクト・パウリ宮市亮はベンチスタートとなったこの一戦。ホームのキールはDFシュテファン・テスカーが41分に退場処分となり、前半からキールは数的不利に陥る。43分、PKのチャンスにアレクサンダー・マイアーが決め、アウェーのザンクト・パウリが先行して前半終了。

後半に入り51分、キールはPKで1点を返して1-1に追いつくと、迎えた53分には左サイドから奥川がクロスを放つ。ゴール前に飛び込んだ韓国代表MFイ・ジェソンがワントラップからシュートを決め、キールが2-1と逆転に成功する。

数的優位のザンクト・パウリは77分に宮市を投入するなど攻勢をかけるも1点が遠く、試合はこのまま2-1で決しキールが勝利を収めた。奥川が決勝ゴールをお膳立てする結果となっている。

キールはこれで勝ち点を45に伸ばして5位浮上。一方勝ち点44のザンクト・パウリはキールに抜かれてリーグ6位に転落している。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる