トッテナムがベイルの復帰を画策?移籍金高騰により単年レンタルを希望と英紙報道

コメント()
Getty/Goal
レアル・マドリーのベイルは、トッテナムに復帰する可能性があるという。

トッテナムは、レアル・マドリーで出場機会を失うFWギャレス・ベイルの獲得を検討しているようだ。

リーガ第36節、第37節と立て続けにメンバー外となり、ジネディーヌ・ジダン監督から構想外を伝えられたとも言われているベイル。イギリス『ミラー』が報じたところによると、レアル・マドリーはトッテナムに対して1000万ポンド(14億2000万円)でレンタルさせる準備があるという。

トッテナム側は本来、ベイルを完全移籍で買い取りたい意向のようだが、同選手の契約は2022年まで残っており、高額な契約解除金が発生する。そのため、単年レンタルでの復帰を画策しているようだ。もしベイルがトッテナム加入となると、2013年以来6年ぶりの古巣復帰となる。

すでにエデン・アザールのレアル・マドリー移籍が決定的と伝えられている状況だけに、アザールに弾かれる形でベイルの退団は既定路線とも伝えられているが、代理人は夏の遺跡を否定し続けており、本人も残留を希望していると語っている。

果たしてベイルはレアル・マドリーに残留するのか、それとも他のチームへ新天地を求めるのか。引き続きその動向が注目される。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる