「デ・ヘアがカリウスに変身してしまった」ユナイテッド守護神に非難殺到…

コメント()
Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドの守護神ダビド・デ・ヘアに対して、批判的なコメントが相次いでいる。

28日に行われたプレミアリーグ第36節で、マンチェスター・Uはホームでチェルシーと対戦。トップ4のためにも是が非でも勝利が欲しいマンチェスター・Uは、11分にフアン・マタの得点で幸先よく先制に成功する。しかし43分、デ・ヘアがアントニオ・リュディガーの放ったロングシュートの処理を誤り、こぼれ球をマルコス・アロンソに押し込まれて失点。試合はこのまま1-1のドローで終わり、4位チェルシーとの差を埋めることに失敗した。

先日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のバルセロナ戦でもリオネル・メッシのミドルシュートをファンブルして失点を許すなど、ここのところ精彩を欠くデ・ヘア。チェルシー戦の失点により、今シーズンのリーグ戦における失点につながったミスの回数は「4」と、自己ワーストを更新している。

デ・ヘアに対しては、ソーシャルメディア上で非難が殺到。特に昨シーズンのCL決勝でミスを犯した元リヴァプールのロリス・カリウスを引き合いに出し、揶揄するコメントが大半を占めている。

SNS上では「デ・ヘアに何があった?」「ダビド・デ・ヘアがロリス・カリウスに変身してしまった」「ダビド・デ・ヘアはどのようにしてして世界のナンバー1からファビアン・バルテズになってしまったんだ」「デ・ヘアは何年も我々のためにたくさんのセーブを見せてくれていたのに、今年は我々を失望させてしまっている」との意見が相次いでいる。。

今シーズンのプレミアリーグも残すところあと2節。4位と勝ち点3差の6位につけるマンチェスター・Uは、5日にハダースフィールド・タウン、12日にカーディフ・シティと対戦する。デ・ヘアは残り2試合でもゴールマウスを守り、守護神としてチームに勝利をもたらせるのだろうか。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる