ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

チェルシーがレヴァンドフスキ獲得に関心…ルカク獲得失敗の代案をリストアップ

16:48 JST 2017/06/21
Robert Lewandowski FC Bayern 08042017
今夏の移籍市場でルカク獲得に向けて動いていたとされるチェルシーが、ルカクとの契約を逃した場合の代案として、他国リーグのFW確保に向けて動いているようだ。

現在、エヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは、ビッグクラブへのステップアップが有力視されている。本人がチャンピオンズリーグへの出場を熱望しており、今年に入ってからクラブとの契約延長を拒否。今夏の移籍が実現するものと見られている。

新天地はチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンなど、ビッグクラブが候補となっているようだが、現時点で交渉の進展は不明で、来季の去就も不明瞭だ。

一方で、イギリス『ミラー』が報じたところによると、チェルシーはルカク獲得を失敗した場合の代案として、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの獲得を検討しているとのこと。

来シーズンの過密日程に備え、チェルシーは今夏の移籍市場で大型補強に乗り出すものと見られているが、ルカク獲得を取り付ける状況に至っていない。また、レヴァンドフスキは獲得のハードルが高いことから、他にはアルバロ・モラタ、アンドレア・ベロッティもリストアップしているという。

チェルシーはジエゴ・コスタを売却する可能性が高く、今夏の移籍市場で大型FWを獲得することが有力視されているが、果たしてどのFWを獲得するのか。今夏、チェルシーは移籍市場で大きな立ち回りを見せることになりそうだ。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。