シント=トロイデンが札幌と業務提携!Jクラブとの提携は岡山、大分、FC東京に続き4クラブ目

コメント()
STVV

ベルギー1部に所属するシント=トロイデンが19日、北海道コンサドーレ札幌と業務提携に合意したことを発表した。同クラブがJリーグクラブと業務提携するのはこれで4クラブ目となる。

シント=トロイデンは17年に日本企業のDMMグループが経営権を取得。ベルギーのクラブながら日本企業の傘下に入った。現在は日本代表DF冨安健洋、MF遠藤航、FW鎌田大地など日本人選手が5名所属している。

札幌との提携の趣旨として、同クラブは「人材育成や国際交流、それぞれが持つノウハウの共有を通すことで、両クラブのさらなる発展を目指すこと」を目的としている。

なお、今回の提携によりシント=トロイデンとJリーグクラブとの業務提携は4クラブ目となる。2018年1月よりJ2に所属するファジアーノ岡山と、同年2月よりJ1の大分トリニータと、そして同年3月よりFC東京と業務提携を果たしていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる