シャビの先見、恐るべし!アジアカップ決勝カード、日本vsカタールをズバリ的中

AFCアジアカップ2019の開幕前、元スペイン代表シャビがアジアカップの優勝国を予想した。決勝のカードが決まったことで、改めてその予想が脚光を浴びている。

カタールのアル・サッドでプレーするシャビは2018年12月、カタールの報道局『Al Kass』の番組内で、アジアカップ2019の勝ち上がりチームを予想。ベスト8に勝ち残るのはシリア、日本、中国、イラン、オーストラリア、UAE、韓国、カタールの8カ国になると語っていた。

クォーターファイナルの8チームは、シリアだけ早期敗退(ベトナムが8強入り)となり、結果的にシャビの8強的中率は7/8となった。4強のカードは日本vsイラン、カタールvsオーストラリアになると予想したため、オーストラリアを下して勝ち上がったUAEだけは“想定外”だったようだが、セミファイナル進出チームの3/4を、シャビは的中させた形になる。

そして28日に行われた準決勝で、日本はイランを下して決勝進出。29日のカタールvsUAEは、カタールが開催国UAEを4-0で撃破し、決勝へと駒を進めた。決勝のカードについて、シャビは日本vsカタールになると予想したため、決勝進出チームをシャビは1月前に完全的中させたこととなった。

イランを撃破し、5度目のアジア制覇に王手をかけた日本代表。2月1日の決勝ではカタールを下して、優勝カップを掲げることができるのだろうか。シャビは「カタールが優勝する」と主張していたこともあり、日本とってはシャビの優勝予想が“見当外れだった”ことを最後に証明する必要がありそうだ。