ニュース ライブスコア
セリエA

サンプドリア会長がトッティにラブコール「デ・ロッシ、カッサーノとローマ再結成を」

14:05 JST 2019/06/23
2019-05-27-roma-daniele-de-rossi-francesco-totti
サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長は、フランチェスコ・トッティ氏にチーム加入を呼びかけた。

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長が、ローマ幹部を辞任したフランチェスコ・トッティ氏にラブコールを送った。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。

トッティ氏は1989年の下部組織入団から現役引退後まで、30年以上にわたってローマ一筋を貫いてきた。だがクラブの組織内における自身の役割に疑問を感じており、米国資本のローマに別れを告げる決断を下した。ローマのレジェンドは今後について、「イタリアのクラブからいくつかオファーをもらっている。今日から私はフリーの身であり、すべて検討していく」と述べていた。

その中の一つがサンプドリアであるとみられる。サンプドリアでは、3月にローマ指揮官を解任されたエウゼビオ・ディ・フランチェスコの就任が間近に迫っており、フェレロ会長はジェノヴァでのローマ再結成に意欲を示している。サンプドリア会長は、現役続行を望みながらもローマ退団を迫られた弟分のMFダニエレ・デ・ロッシらの獲得も示唆し、トッティ氏にラブコールを送った。

「フランチェ、一緒にローマを取り戻そう。イタリアのカルチョはトッティを求めている。もしサンプに来てくれるのであれば、門戸は開かれている。現役復帰してくれても構わない。私は彼だけでなく、デ・ロッシ、それに(アントニオ)カッサーノも獲りたい」

だがトッティ氏の去就を巡っては、FIGC(イタリアサッカー連盟)においてキャリアを歩むことが最も有力であると見られている。このほか『スカイスポーツ』は、友人であるヴィンチェンツォ・モンテッラが指揮を執るフィオレンティーナに合流する可能性を指摘。『イル・メッサッジェーロ』は、UEFAやFIFAにおいて仕事をする可能性も除外できないと予想した。

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です