ゴレツカ、バイエルン移籍合意の報道を否定「本当のことを伝えたい」

コメント()
getty Images
2018年にフリーで加入するとつたえられたゴレツカ。本人はSNSで決断はされていないとしている。

バイエルン・ミュンヘンは、シャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカの獲得に至ったと伝えられていたが、本人が否定している。

バイエルンが今夏、アレクシス・サンチェスらとともにターゲットに挙げられているのがゴレツカだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によれば、バイエルンとゴレツカは合意に至り、契約が切れる2018年に移籍することになると伝えられていた。

しかし、22歳のMFは自身のフェイスブックでその可能性を否定している。
「報道についてしっかりと本当のことを伝えたい。多くのうわさや推測があるけど、それらは誤りだ。最終的な決断はいずれ伝えるよ」

ゴレツカは2013年、ボーフムから加入。今シーズンは41試合に出場し、8ゴールを記録している。

閉じる