godin-gimenez(C)Getty Images

ゴディン、コパ・アメリカ敗退に落胆「強い意思があったんだが…」

ウルグアイ代表の主将を務めるDFディエゴ・ゴディンは、コパ・アメリカ敗退に肩を落とした。

ウルグアイは29日、コパ・アメリカ準々決勝でペルーと対戦。試合はエディンソン・カバーニやルイス・スアレスのゴールがVARによって認められず、スコアレスでPK戦へ。ウルグアイは1人目のスアレスが失敗したのに対し、ペルーは5人全員が成功。その結果、ウルグアイはベスト8で敗退することとなった。

ゴディンは試合直後のフラッシュインタビューで「準決勝に進みたいという強い意思があったが、できなかった」と残念がった。

以下に続く

「我々は突破のために戦い、挑戦した。3つの得点が認められず、僕らは真のゴールを決める強さには欠けていた」

一方で、サポーターやチームには感謝の言葉を述べる。

「サポートしてくれた人々に感謝している。常に彼らはコパ・アメリカを通して応援してくれた。チームも素晴らしいグループだった」

また、ホセ・マリア・ヒメネスは「多くの明確なチャンスがあったが、正当なゴールはなかった。悪夢だよ」と振り返った。

▶コパ・アメリカ観るならDAZNで。!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores
広告