コパ準々決勝屈指の好カード。前回王者チリが“仕上げてきた”コロンビアに挑む

コメント()
(C)Getty Images

コパ・アメリカ準々決勝、コロンビア代表とチリ代表が対戦する。

コロンビアはここまでグループステージを3戦全勝と、加えていまだ無失点と圧倒的な成績で首位通過を果たした。カルロス・ケイロス監督率いるチームの戦術的な完成度は大会屈指。守備の安定感と、確実に仕留めきる攻撃力が同居しており、今や優勝候補筆頭とすら言えるだろう。

一方、前回王者のチリは2連勝スタートを切ったものの、最終節でウルグアイに敗れ、2位通過となった。それでも、アレクシス・サンチェスやエドゥアルド・バルガスが好調をキープしており、決して状態は悪くない。

準々決勝屈指の好カードはどのようなものとなるのだろうか。

■コロンビア代表予想スタメン

Colombia Gol a Paraguay Copa América 2019

コロンビアは盤石の状態で、この大一番に臨むことができる。

最初の2試合で連勝を果たし、首位通過を決めたため、第3節のパラグアイ戦ではターンオーバーを実施。ハメス・ロドリゲスやジェリー・ミナといった主力選手を温存しながら、勝利を収めている。

そのため、ケイロス監督はチリ戦では休息を得た主力選手を惜しみなく、起用してくるだろう。ベースとなるのは第2節のカタール戦。ディフェンスラインはおなじみのメンバーで、中盤にフアン・クアドラードを使い、前線にハメス、ロジェール・マルティネスを置く配置になることが予想される。

最前線に入るのは、ここまで2ゴールのドゥバン・サパタになるだろうか。レジェンド、ラダメル・ファルカオは勝負どころの切り札になるかもしれない。

■チリ代表予想スタメン

Selección chilena - Chile

チリに関しては、まず4バックか3バックかという点が一つの焦点になる。日本戦、エクアドル戦では4バックを採用したが、最終節のウルグアイ戦では3バックを採用し、2トップへの警戒心を高めている。コロンビアは3トップが予想されることから、4バックの可能性が高いが、可変式を使うことも視野に入れているだろう。

いずれにしても、日本戦ではゴールも決めたエリック・プルガルが中盤で守備的な役割を担うことは確か。両脇をチャルレス・アランギスとアルトゥーロ・ビダルが支えるはずだ。そして前線でアレクシス・サンチェスとエドゥアルド・バルガスがチャンスを待つというスタイルは変わらないだろう。

今大会はアランギスが攻撃面で出色の出来を見せており、彼の前線への飛び出しがキーになりそうだ。

■注目選手は?

James Rodriguez Colombia 2019

注目すべきは復活を果たしている2人だ。

一人はコロンビアの司令塔、ハメス・ロドリゲス。2018-19シーズンはケガもあり、バイエルン・ミュンヘンでは確たる地位を築けなかった。ニコ・コバチ監督の信頼も得られず、不本意なシーズンとなったが、今大会ではその鬱憤を晴らすような活躍を見せている。

ここまで3試合で得点こそないものの、ゴールクリエイトの数は12と、チームの決定的なチャンスは彼の左足から生まれている。スルーパスからクロス、シュートまで左足一本でこなすスタイルは独自のもので、チリも警戒することは間違いない。

もう一人がチリのアレクシス・サンチェスである。ここまで2ゴールと、得点数こそ控えめだが、今大会は決定的なパスや組み立てといった一列下での働きも光る。コロンビアと比較して確たる司令塔がいない中で、その役割も担って輝きを放っている。

サンチェスに関しては、2018-19シーズンはリーグ戦でわずか9試合の先発にとどまっていながら、この活躍を見せており、懸ける思いは強い。

今夏の移籍市場においても自身の将来が影響してくるだけに、2人のパフォーマンスには注目したいところだ。

▶コパ・アメリカ観るならDAZNで。!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる