コパ・アメリカの招待はなぜ?2019年は日本代表とカタール代表!

コパ・アメリカ2019 大会概要

コパ・アメリカはCONMEBOL(南米サッカー連盟)が主催する南米大陸の王者を決める国際大会だ。日本にとってのAFCアジアカップと考えれば分かりやすいだろう。当初はCONMEBOL所属の国だけで争われていたが、1993年のエクアドル大会から、CONMEBOL所属10カ国(アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、コロンビア、チリ、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア)と、招待国2カ国の合計12カ国で争われることとなった。

12カ国は、4カ国ずつのグループに分かれ、1回戦総当たりでグループごとの順位を競う。各グループの1位と2位、そして各グループ3位の中で上位の2カ国が決勝トーナメントに進出。ノックアウト方式で優勝国を決める。また準決勝敗退国による3位決定戦も行われる。

コパ・アメリカの招待国枠とは?なぜ日本とカタール?

コパ・アメリカの招待国はCONMEBOLによって決定される。招待の理由は明確に明らかにされていないが、CONMEBOL会長の声明からは「以前より深い友情で結ばれている日本」、「2022FIFAワールドカップ開催国のカタール」といったメッセージが読み解ける。しかし実際のところ、CONMEBOLは何度か財政危機が伝えられており、広告収入の期待できる国を選んでいるとも言われている。今回、日本とカタールが招待を受けたことで、メキシコの不参加が決定。メキシコは1993年大会以来続いていた出場が途切れることとなった。

なお、前回は「コパ・アメリカ・センテナリオ」と呼ばれる100周年特別記念大会で、アメリカ合衆国で開催された。招待国はアメリカ、メキシコ、コスタリカ、ジャマイカ、ハイチ、パナマの6カ国で、いずれもCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)所属国だった。

▶コパ・アメリカ観るならDAZNで。日本代表戦含む全試合独占配信!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

日本代表 前回参加時の成績

日本はこれまで1999年、2011年、2015年に招待されているが、出場したのは1999年のみ。2011年は東日本大震災、2015年は日程の都合を辞退の理由に挙げている。

2002FIFAワールドカップ・日韓共催大会を前に強化を図りたい日本は、1999年のパラグアイ大会に参加する。フィリップ・トルシエ監督率いる日本代表は、グループステージ初戦でペルー代表と対戦。約3週間前、日本で行われた親善試合はスコアレスドローだったものの、2-3で逆転負けを喫する。第2戦・パラグアイ代表との試合は0-4で完敗。第3戦・ボリビア代表戦は終盤に呂比須ワグナーのPKで追いつき、1-1の引き分け。勝ち点1の最下位で、グループステージ敗退となった。

今大会の組み合わせ

グループC
6月17日(月)7:00 ウルグアイvsエクアドル
6月18日(火)8:00 日本vsチリ
6月21日(金)8:00 日本vsウルグアイ
6月22日(土)8:00 エクアドルvsチリ
6月25日(火)8:00 日本vsエクアドル
6月25日(火)8:00 チリvsウルグアイ
※全て日本時間

2019_6_10_Kubo

日本代表は、これまで招待を2回辞退している。2011年の東日本大震災に関しては妥当な判断といえるが、決して参加に積極的だったとは言えない。そうした中、今回招待を受けた理由として、UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)によるUEFAネイションズリーグの開催が挙げられる。2018FIFAワールドカップ・ロシア以降、UEFA加盟国の多くは、インターナショナルマッチデーに大会日程を消化するため、必然的に日本が欧州強豪国と戦える機会は激減。実際、森保ジャパンは一度も欧州勢と対戦できていない。

コパ・アメリカは日本代表にとって、サッカー強豪国と真剣勝負を行える貴重な機会なのだ。この大会はDAZNにより独占ライブ配信される。

▶コパ・アメリカ観るならDAZNで。日本代表戦含む全試合独占配信!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores