ニュース ライブスコア
ラ リーガ

コケ、D・コスタの退場に憤り「ここ11試合で7人が退場…カンプ・ノウではいつも何かが起こる」

22:26 JST 2019/04/07
Koke Leganes Atletico Madrid LaLiga 3092017

6日のリーガ・エスパニョーラ第31節、アトレティコ・マドリーは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を0−2で落とした。MFコケは試合後、FWジエゴ・コスタの退場について触れた際に「カンプ・ノウではいつも何かが起こる」との見解を示している。

この試合の28分、D・コスタは審判に抗議した際に暴言を吐いたとして一発退場となった。10人となったアトレティコはGKヤン・オブラクが好守を連発したことで失点を回避し続けたが、85分にFWルイス・スアレスにゴールを割られ、その1分後にFWリオネル・メッシの加点を許して敗戦。首位バルセロナに勝ち点11差をつけられている。

コケは試合直後の『モビスタールTV』とのフラッシュインタビューで、カンプ・ノウの試合では、いつも不利な状況に立たされるとの考えを口にした。

「バルセロナはもう、事実上のリーグ王者だ。とても奇妙な試合だった。僕たちは退場者が出るまで、とても良い調子だったのに。すべてのディテールが彼らの恩恵となった。ここに来ると、いつも何かが起きるんだよ。ここ11試合で7人の退場者が出ていて、その判定は正当なものも、正当ではないものもあった」

「コスタが退場した場面は見ていない。暴言を吐いていたとしたら、それは根拠ある退場だけど……。とにかく、何が起こったのかを確認しなければ。いずれにしてもコスタはチームに謝罪した。ピッチ上の選手を10人としたことに、彼は心を痛めている」

今季、メジャータイトル無冠に終わることが濃厚となったアトレティコだが、コケは「難しいシーズンだった」と振り返る。

「現実的に難しいシーズンだった。新加入の選手たちがいて、負傷者が続出した。チャンピオンズ敗退から悪いシーズンになったと見られているが、成長の糧としなくては」

「僕たちはリーガで、世界最高の一チームであるマドリーより上に位置している。バルサは僕たちがいつも2位に位置していることを祝福してくれたが、でも僕たちは万年2位とならないために戦っていきたい」

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など