コウチーニョ代理人がバルセロナ退団を否定「グリーズマンが代役との噂はデタラメ」

コメント()
Getty Images

バルセロナに所属するフィリペ・コウチーニョの代理人は、移籍が噂されるアントワーヌ・グリーズンマンがブラジル代表MFの代役ではないと話し、新天地を求める可能性はないようだ。

2018年冬にリヴァプールから総額1億6000万ユーロ(当時約217億円)でバルセロナに加入したコウチーニョ。移籍以降、2度のリーガ・エスパニョーラ優勝などに貢献した同選手だが、超高額な移籍金に見合うだけの活躍ができていないと非難され、先日のゴールパフォーマンスもサポーターからの怒りを買うなど、今夏の退団に近づいているのではないかと予想される。

そんな中14日、昨夏から頻繁にバルセロナ移籍が報じられるグリーズマンがアトレティコ・マドリーからの退団を発表。新天地として考えられるカンプ・ノウのクラブが1億2500万ユーロ(約153億円)を支払う準備を進めていると報じられている。これを受け、フランス代表FWはコウチーニョの代役になると一部で考えられている中、ブラジル代表MFの代理人アンドレア・ベルトルッチ氏はスペイン『アス』でこの憶測を否定した。

「グリーズマンがコウチーニョの代役としてバルセロナに来るということはでたらめだ。なぜ人々がそのようなことを言っているのか私にはわからない。私には何もわからない。だから、これ以上話すこともない。ただ、これはウソだ」

バルセロナと2023年までの契約を結ぶコウチーニョに対しては、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示すと考えられている。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる