ケルン、元U-21フランス代表MFのコジエッロを獲得…今冬補強第2号はセントラルMF

コメント()
Getty Images
ブンデスリーガ最下位に沈むケルンは中盤にテコ入れ。以前、有望株として期待されたMFの確保に成功。

FW大迫勇也が所属するケルンは16日、ニースから元U-21フランス代表のMFヴァンサン・コジエッロ(22)を獲得したことを発表した。2022年までの契約を結んでいる。

ケルンは先日行われたブンデスリーガ第18節ボルシア・メンヒェングラットバッハ戦で2-1と勝利を収めるも、依然として最下位に沈む。だがそんな中、シュトゥットガルトから獲得したFWシモン・テロッデに続き、コジエッロというセントラルMFの確保に成功した。

ニースでは公式戦102試合に出場し、U-21フランス代表では4キャップを記録したコジエッロだが、アルミン・フェーGM(ゼネラルマネジャー)は「ヴァンサンは最初から私の希望していた選手だったので、『もう1人獲得するのなら彼だ』という考えだった」と語り、「中盤でフレキシブルに起用できて、我々の選択肢を広めてくれる」と紹介している。

また本人は「ケルンはとても熱心に誘ってくれた。良い話し合いを持てて、僕はすぐにとても良い感触を得たんだ。とても強力なリーグの大きなクラブに加わることになったが、なるべく早い時期からプレーし、クラブが目標を成し遂げられることに貢献できれば、と思っている」と意気込みを示した。

なお過去にはミランやアーセナルなどからの関心が報じられ、『transfermarkt.de』では市場価値が1100万ユーロ(約15億円)と伝えられるコジエッロだが、一部報道によると、ケルンが支払う移籍金は330万ユーロ+ボーナス70万ユーロ(約4億5000万円+9500万円)程度だという。ニース率いるルシアン・ファブレ監督の下で出場機会が減少していたことが、移籍金の低下につながったようだ。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
遠藤航、塩谷司のミドル一閃に「(青山敏弘を含め)ボランチは良い選手がいるので刺激になった」
次の記事:
「日本より劣ってなどいない」サウジアラビア指揮官、ベスト8を懸けた一戦へ自信
次の記事:
日本代表のアジア杯GL首位突破に…独紙「最多優勝チームはグループの君主に」
次の記事:
グループリーグでの苦戦を認めるも…原口元気「この苦しい経験がこれから活きてくる」
次の記事:
逆転勝利に貢献の武藤嘉紀、日本代表で4年ぶりのゴールに「長らくお待たせしました」
閉じる