「ケインも2年以内に移籍するかもしれない」トッテナムOB、無冠が続くチームに警告

コメント()
Getty Images
スパーズOBはチームの無冠が続けば、今の体制は崩壊するだろうと予測した。

トッテナムOBグレアム・スーネス氏は、このままクラブの無冠が続けばFWハリー・ケインがチームを去ることになるだろうと『オムニスポーツ』に語った。

24歳のケインは、先日発表されたPFA(イングランドサッカー選手協会)年間ベストイレブンに選出。これで4年連続の選出となった。さらに得点王争いでも、トップのリヴァプールFWモハメド・サラーに4点差を付けられているものの、ここまで26ゴールと2位につけており、3年連続でのゴールデンブーツ獲得も射程圏内にある。

チームの大黒柱であるケインだが、スーネス氏は今後のチームの成績次第ではエースを失うことになると語った。

「変化があるだろう。ハリー・ケインは移籍し、他の何人かも去るだろう。もしかしたら、監督はクビになるかもしれない。これらは全て2年以内に起こる。ポチェッティーノは今のところ素晴らしい仕事をしていると見られているが、最終的にはタイトルを取れたかどうかで判断されるだろう」

古巣に厳しい意見を述べたスーネス氏だが、スパーズの見せている攻撃的なサッカーは観客を楽しませていると称賛した。

「リヴァプールと全く同じだ。素晴らしいフットボールを見せ、サポーターはそれを見るために毎週お金を払う。私は何試合かスカイ(イギリスのテレビ局)で解説を務めた。試合が始まる前は、みんな『素晴らしいゲームになろうだろう』と言っている。(マンチェスター・シティを含む)この3チームは、常に相手より1点でも多く取ろうとしている。それが見るものを楽しませている」

閉じる