オランダ、“アムステルダムの奇跡”起こらず…最終戦勝利も7点は遠くロシア行き逃す

コメント()
Getty Images
諦めかけていたロッベンが結果を残すもミッション達成ならず。ロシアの地でオランダ代表は見られないことに。

オランダ代表がスウェーデン代表との試合で2-0と勝利したものの、ロシア・ワールドカップ出場を逃した。

 オランダは10日、ロシアW杯欧州予選でスウェーデンと対戦。試合前の時点で、オランダは3位、スウェーデンはプレーオフ圏内の2位という状況だったが、両者には勝ち点差「3」、得失点差「12」もの隔たりがあった。つまり、オランダは総得点でスウェーデンを上回る6点差勝利もしくは7点差勝利のみで、2位に浮上できるという絶望的な状況で試合に臨んだ。

前半から大きな圧力を掛けるオランダがゴールへ結びつけていく。16分に相手のハンドで得たPKをエースのアリエン・ロッベンが沈め、先制に成功する。さらに40分、ライアン・バベルの右からの折り返しに、ロッベンが左足で強烈に合わせ2点リードに。奇跡の逆転へ望みをつなぎながら、前半を終える。

広告

後半からオランダはバス・ドストを投入し、ロングボールを交えた攻撃にシフト。しかし、スイッチを入れ直したスウェーデンの前になかなかシュートまで持ち込めず。結局試合は2-0で終了している。

この結果、オランダは勝ち点3を手にしたものの、ユーロ2016に続き、主要な国際舞台で2大会連続出場権を逃すことに。今予選でも成績不振でダニー・ブリント監督を解任。予選途中からディック・アドフォカート監督が指揮を執ったが、逆転での本大会行きはならなかった。

なお、敗れたスウェーデンだが、グループA2位でプレーオフ進出が決まっている。

閉じる