エヴァートン、ピックフォードを5年契約で獲得...移籍金はGK史上3番目となる42億円

コメント()
Getty
サンダーランドで安定したプレーを見せたピックフォード。エヴァートンはクラブレコードを更新する移籍金で同選手を獲得した。

エヴァートンは、サンダーランドからクラブ史上最高額となる3000万ポンド(約42億円)の移籍金でGKジョーダン・ピックフォードを獲得したことを発表している。

ピックフォードはエヴァートンと5年契約を結び、2500万ポンド(約35億円)の移籍金でグディソン・パークのクラブに加入することが決定。なお、移籍金はチームと同選手のパフォーマンスによって、最大3000万ポンドまで引き上げられる可能性がある。仮に移籍金が最大額まで支払われれば、ピックフォードはゴールキーパーとして史上3番目に高額な選手となる。

2016年1月にサンダーランドのファーストチームデビューを果たした23歳のGKは、昨シーズンに降格の憂き目にあったものの、安定したパフォーマンスを披露。シーズン終了後に、サポーター投票によるクラブの年間最優秀若手選手賞を獲得していた。

ピックフォードはエヴァートンの公式ウェブサイトで「このクラブとサインできたことは偉大なことだ。昨シーズンはプレミアリーグ挑戦1年目だったが、今エヴァートンでプレーできるチャンスを得られて信じられない気分だ」と喜びを語っている。

続けて「ここは偉大なクラブだ。これは素晴らしいチャンスで、エヴァートンに加入する良いタイミングだと思っている。クラブと僕にとって心躍る瞬間だ。チームをサポートできるように全力でプレーしたい」と新たな挑戦への意気込みを述べた。

一方のロナルド・クーマン監督も「重要な契約を結ぶことができて、とても満足している。ジョーダンは才能豊かな若手であり、成功を強く望んでいる。次のシーズンで上位を目指したい我々にとって、このような選手は非常に大切だ。昨シーズン彼のクオリティを目の当たりにしてきた。それに年齢を考慮しても、彼が今後も成長できると確信している」と若手GKへの期待を口にしている。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる