ニュース ライブスコア
コパ・アメリカ

ウルグアイ戦で「何もできなかった」の真意とは?冨安健洋が語った悔い

8:33 JST 2019/06/23
2019-06-23-tomiyasu

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

日本代表DF冨安健洋は、改めてウルグアイ戦で残った悔いを語っている。

日本はコパ・アメリカグループステージ第2節でウルグアイと対戦。2-2のドローに終わり、冨安は試合後に「何もできなかった」と振り返っていた。そして、22日に改めてその理由について明かしている。

「失点に絡んだっていうのもそうですけど、普通にシンプルに90分通してやりたいことをやらせてもらえなかったって感じですね。映像も見ましたけど、やっぱラインは高く保つことはできましたけど、そこからボールにアタックすることができていなかった。やっぱりボールに戦いに行かないと僕の良さっていうのも出ないし、ただいるだけみたいな感じでも意味がないんで、そこっていうのはやっていかないといけない部分だとは思います」

決勝トーナメント進出のためにも次節エクアドル戦では勝利が絶対条件。冨安は「僕たちから主導権握ってやることができればいいな」と希望を語りつつ、やはり守備での貢献を誓う。

「1試合目のチリ戦っていうのは先制点取られて苦しい展開になって、ウルグアイ戦っていうのは逆に先制点取ってっていう形だったんで、やっぱり先制点っていうのは大事になってくる。2試合で後ろは6失点してますし、ちょっと厳しい結果なので、ゼロに抑えたいって気持ちは強いですね」

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です