ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

アーセナル、ユーヴェのルガーニ獲得は失敗…一方でセルティックDFへ3度目のオファー提示へ

11:40 JST 2019/08/03
Daniele Rugani Juventus 2018

アーセナルがダニエレ・ルガーニの獲得オファーをユヴェントスに送ったものの、拒絶されたことが『Goal』の取材でわかった。

今夏、ディフェンスラインの補強を目指すアーセナル。特にセンターバックと左サイドバックをメインターゲットに定めるが、イングランドの移籍市場閉幕まで1週間を切り、ウィリアム・サリバと契約したものの、チームへの合流は2020-21シーズン以降と、実質的に補強が進んでいない。

左サイドバックの新戦力候補としてセルティックのキーラン・ティアニーの獲得を目指すアーセナルは、その一方で以前から興味を持つとされるルガーニへアプローチ。ユヴェントスに対して買取オプション付きの2シーズンの期限付き移籍のオファーを送った。

しかし、今夏マタイス・デ・リフトらの獲得に成功し、ディフェンス陣の戦力過多が懸念されるユヴェントスは、ルガーニへのオファーを拒否。ジョルジョ・キエッリーニのコンディションに不安を抱える同クラブは、5名のセンターバックでシーズンを戦うと考えられており、移籍以降もなかなかチャンスを得られない25歳のイタリア代表DFを引き留めることを決めたようだ。

また、ルガーニ自身もエンポリ時代の指揮官であるマウリツィオ・サッリ監督が就任したことで、高いモチベーションを持つとともに、トリノから離れるつもりはないと考えられている。

一方のティアニーに対して、アーセナルは3度目のオファーを準備中。2回目に送った2500万ポンド(約32億円)を上回る金額を提示するようで、8日の移籍市場閉幕までに取引完了を目指している。

先日には、クリスティアン・ビエリクをダービー・カウンティに最大1000万ポンド(約13億円)で売却。そのほかにもシュコドラン・ムスタフィ、退団を希望するローラン・コシールニーの移籍金でティアニー獲得への資金を調達する狙いがあるようだ。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です