アトレティコ、自慢の堅守が崩壊…エスパニョールに3失点敗戦で2位を決められず/リーガ第36節

コメント()
Getty Images

4日のリーガ・エスパニョーラ第36節、アトレティコ・マドリーは敵地コルネジャ=エル・プラットでのエスパニョール戦を0−3で落とした。

あと勝ち点1を獲得すれば、2シーズン連続での2位フィニッシュが確定するアトレティコ。しかし昨季も敗戦を喫したコルネジャは、鬼門として立ちはだかった。

前半、立ち上がりは攻守が激しく入れ替わる展開となり、次第にアトレティコが主導権を握っていったが、得点を奪えずにいると45分に失点。自陣ペナルティーエリア付近でボールを奪取したペドラサが弾丸のようなドリブルで87メートルを快走し、グラウンダーのクロスを送ると、これがゴディンのオウンゴールを誘発した。

ビハインドを負った後半、シメオネ監督はサビッチを代えてアンヘル・コレアを投入。人手不足のCBをゴディンと前半ボランチを務めていたサウールとして、アタッカーの数を増やした。が、次にゴールを決めたのもエスパニョール。ロドリのボールを奪取したメレンドのスルーパスから、ボルハ・イグレシアスがネットを揺らした。

2点差とされたシメオネ監督は、ミスが多かったロドリ、またレマルを下げてCBのモンテロ、サイドアタッカーのビトロをピッチに立たせる。だが、その後もエスパニョールの堅守を破ることはできず、逆に速攻からチャンスを創出されて、守護神GKオブラクの再三にわたるビッグセーブによって何とか2点差を維持する有様となった。

そして88分、エスパニョールがコルネジャにさらなる歓喜をもたらす。ペナルティーエリア内でプアドがフアンフランにプレーを妨害されたとしてPKを獲得すると、キッカーのボルハがオブラクの逆を突くシュートでネットを揺らした。試合は、そのまま終了のホイッスルが吹かれている。

2位アトレティコは連勝が4でストップ。今節での2位決定は、レアル・マドリーがビジャレアル戦を引き分け以下で終えることが条件となった。対して、4試合ぶりに勝ち星をてにしたエスパニョールは、勝ち点を47として暫定ながら8位に浮上した。

■試合結果
エスパニョール 3-0 アトレティコ・マドリー

■得点者

エスパニョール:ゴディン(OG、45分)、ボルハ・イグレシアス(52分、88分)
アトレティコ:なし

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる