ニュース ライブスコア
ラ リーガ

アトレティコの積極的かつ衝撃的な補強は続く…ハメスを断念してロドリゴ獲得か

21:35 JST 2019/08/12
Rodrigo Moreno Valencia Celta LaLiga 26092018

アトレティコ・マドリーがバレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレノの獲得に動き始めたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

今夏、FWジョアン・フェリックスを1億2600万ユーロで引き入れ、MFハメス・ロドリゲスの獲得も狙うなど積極的かつ衝撃的な補強でチームを生まれ変わらせているアトレティコだが、その動きはとどまることを知らない。ハメスを獲得できない場合には、バレンシアのエースストライカーの獲得を目指すというのだ。

ハメスは、MFマルコス・ジョレンテに続いてアトレティコに選手を手渡しくないレアル・マドリーの思惑もあって、獲得が困難な状況。そこでアトレティコは、その代わりにロドリゴをチームに加える考えを固め始めているようだ。

ハメスとロドリゴはもちろんポジションが異なるが、アトレティコはJ・フェリックス、MFトマ・レマル、さらにプレシーズンに復活の兆しを見せるMFビトロがいることで、中盤ではなくストライカーのさらなる補強を考慮し始めたという。今夏に獲得したFWイヴァン・シャポニッチが戦力に加えられておらず、FWニコラ・カリニッチ、FWアンヘル・コレアの放出を見込んでいる状況で、FWアルバロ・モラタ、FWジエゴ・コスタと同様に得点力を保証できるロドリゴに目をつけたとのことだ。

アトレティコはこれからバレンシアとコンタクトを取り、ロドリゴ獲得の実現性を探る模様。移籍金は6000万ユーロ前後になることが見込まれるが、アトレティコにとっては今季予算の想定範囲内であり、リーガ・エスパニョーラのサラリーキャップ制(移籍金の減価償却費+年俸)に引っかかることはないようだ。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です