「いずれは一番見たいと思われる選手に…」シュミット、地元宮城での代表トレーニングで成長を誓う

コメント()
Getty Images

日本代表GKのシュミット・ダニエルは、代表トレーニングを通じての成長を誓い、3バックのシステムについても自身の考えを示した。

9日に宮城スタジアムで行われるエルサルバドル戦に向けて宮城県内でトレーニングを行う日本チーム。ベガルタ仙台に所属するシュミットは地元で行われている代表キャンプを「毎日楽しいです」と話し、さらなる成長を見据えた。

「(地元宮城での声援について問われ)みんな俺よりももっと見たい選手たちがいると思うし、子供たちにはそういう選手たちを見てもらって、刺激を受けてほしいです。いずれは自分がそういう一番見たい選手になれるようにこれから頑張りたいです」

また、5日のトリニダード・トバゴ戦では、森保一監督が就任してから初めて3バックの新システムを採用。GKとしてピッチに立ったシュミットは、3バックについても自身の考えや課題などを述べた。

「代表はもちろん攻撃的な3バックを目指していると思うので、両サイドのセンターバックが攻撃参加していくって意味で、大分トリニータに近いかなと思いました。ウイングバックの選手が相手のサイドバックと裏の取り合いをするくらいの、それくらい高い位置を取るようなボールの動かし方とかができれば攻撃の厚みはかなり出ると思います」

「4バックでも3バックでも攻撃型か守備型かでGKのやることはそんなに変わらないです。特に代表では、ある程度任せちゃっていいと思います。(ボールのつなぎに関して)この前は多くはなかったですけど、バックパスが来て、もうちょっとボランチの選手を見るところはいくつかできた場面があったので、ダイレクトにボランチに入れる勇気だったりはもっと持っていいかなと思います」

最後に連日注目の集まる18歳の久保建英に関する質問にもシュミットは回答。同選手のシュートについて「振りが速くてパンチ力あるので、上手いです。ああいう小柄な選手でボールスピードの速い選手はだいたい振りが速い感じです」と賛辞を贈っている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる