昌子源、ベルギー戦へ危機感募らす「要注意人物やったら…」

シェア閉じる コメント
日本代表DF昌子源が、14日に控えるベルギー戦を前に、その心境を語った。

日本代表DF昌子源が、14日に控えるベルギー戦を前に、その心境を語った。

現地時間12日は荒天のため、練習を途中で切り上げた日本代表。昌子は「あの雹はホンマ痛かったです」と語りながらも、その影響はないと語った。

ただ、「きのう(12日)に関してはサブ組と言われるビブス組が、すごい良かった。こんなこと言ったら何やけど、僕らにスコスコやられてたら、ベルギーなんてもう」と危機感を強め、「選手内で守備、どこからブロック組むのか、行くのか」を確認するなど、守備陣の意思統一を図ったと明かした。

ミーティングは「いつも通り」だったと話す昌子。その内容についても、「ミーティングは毎回のこと、細かい。別に文句言うわけじゃないけど、当たり前のことも言うから、ホンマ。要注意人物やったら、(ロメル・)ルカクとか(エデン・)アザールとか、そういう人も細かく言う。いかに注意、警戒しないといけない選手かを、間接的に伝えてくる感じかな」と話した。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「“ムショ(素晴らしい)”技術の名選手」スペイン、乾貴士の日本代表での活躍に沸く
次の記事:
本田圭佑がW杯アジア人トップスコアラーに!セネガル戦同点弾で3大会連続、通算4ゴール目記録
次の記事:
守護神変更は必要か?GK川島永嗣、初戦に続くミスを猛省「試合を難しくしてしまった」
次の記事:
日本代表戦ドロー決着に…セネガル主将マネは納得せず「普通の考えだと思うよ」
次の記事:
勝負師・西野監督が呼び込んだ同点弾「最後まで攻撃的なメッセージを」
閉じる