ガラタサライ指揮官、長友佑都のパフォーマンスに大満足「ピッチ上で最高の選手の一人」

シェア閉じる コメント
ガラタサライデビューから2戦目でゴールの起点となった長友。

ガラタサライを率いるファティ・テリム監督は、DF長友佑都のパフォーマンスに満足しているようだ。トルコ『milliyet』が報じた。

長友は今冬、インテルからガラタサライへレンタル移籍。加入以来2試合連続の先発出場を飾り、2試合目となったトルコカップ準々決勝第2戦では、クロスでゴールの起点となり、勝利に貢献した。

テリム監督は試合後、決勝点を挙げたバフェタンビ・ゴミスとともに長友について語り、「彼らは決して諦めないというチームのフィロソフィーをよく理解している。それは私にとって重要なことだ」とコメントした。

さらに、長友が妻・平愛梨さんの第1子出産に伴い、ミラノへ戻ることを許可したことを認めつつ、「今日は(ユネス)ベルアンダとともにピッチ上で最高の選手の一人だった」と賛辞を贈った。

トルコで確かな一歩を踏み出した長友。今年からは父としてもさらなる活躍が期待されるところだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
傷心のハメス、ポーランド戦へ闘志むき出しに「頭を上げて次の機会を待っている」
次の記事:
スペインにアジアの雄が挑戦…勝負のカギはイランの高速カウンター?【グループB第2節プレビュー】
次の記事:
柴崎岳、司令塔として君臨。背番号7が日本代表の未来を見せた
次の記事:
ウルグアイの悩みはスアレス?悩めるエースの爆発なるか【グループA第2節プレビュー】
次の記事:
ポルトガルの注目はやはりC・ロナウド…モロッコ勝ち点奪取のカギはGK?【グループB第2節プレビュー】
閉じる