W杯で連敗したポーランドは最終戦で必ず勝利する?日本代表に不吉なデータ

コメント()
©Getty Images
決勝トーナメント進出へ運命のポーランド戦が控える日本代表。

ロシア・ワールドカップは24日にグループHの第2節が開催。日本代表はセネガル代表と2-2で引き分けて首位をキープした一方で、ポーランド代表はコロンビア代表に0-3で敗れてグループリーグ敗退が決定した。日本は28日の最終戦でポーランドと対戦するが、何とも不吉なデータが存在している。

3大会ぶり8度目のW杯出場を果たしたポーランドは、初戦でセネガルに1-2で敗れると、続く第2戦でもコロンビアに不覚を取られて痛恨の2連敗を喫した。ポーランドは過去に2002年の日韓W杯、2006年のドイツW杯でグループリーグを敗退しているが、その過去2大会で今大会と同じく初戦と第2戦を敗れている。しかし、最終戦ではいずれも勝利を収めており、過去大会の法則通りにいけば、ポーランドは日本に“一矢報いる”という形になるのだ。

日本とポーランドはW杯での対戦はないが、親善試合では過去に2度対戦。1回目は1996年2月で5-0で日本が大勝している。2回目の対戦は日韓W杯前の2002年3月。こちらも日本が2-0と完封勝利を収めている。最後に戦ってから16年と、過去の対戦成績はまったくあてにならないが、ヨーロッパ相手に善戦を演じてきた過去がある日本からすれば勝機は十分に見いだせるはずだ。

敗退で戦意喪失ムードが漂っているポーランドだが、地元メディアは、日本戦を「名誉のために戦う試合」と位置づけ、守護神のボイチェフ・シュチェスニーは「非常に難しいゲームになる」と予想しつつも「全力を出し尽くして、みすみす日本に3ポイントを与えるような結果にしてはいけない」と気を引き締めている。

命運懸かるグループリーグ最終決戦を制するのは、未だ無敗の日本か、それとも国の威信を懸けて戦うポーランドか。注目の一戦は日本時間28日23時にキックオフとなる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
「勝つ、次に進むことがすごく大事」酒井宏樹が苦しみながらのサウジ戦勝利を評価
次の記事:
「前線にとって楽しい試合ではなかったけれど…」武藤嘉紀、守備に奔走もサウジ戦の勝利に満足
次の記事:
防戦一方、サウジの息の根を止められなかった日本。問われる森保監督のマネジメント
次の記事:
サウジに苦戦も結果が出たことに満足の柴崎岳「意識を統一して戦えたことは収穫」
次の記事:
日本を勝利に導いた20歳冨安健洋に伊紙も賛辞「GKが何もできない豪快なヘッド」
閉じる