「VARは茶番、試合をぶち壊すものだ」往年の名FWシアラー氏、度重なるビデオ判定に不満

コメント()
Getty
かつてイングランド代表で活躍したシアラー氏が、ポルトガルvsイランの一戦で何度となくVARによって試合が中断したことについて、否定的な見解を示している。

現地時間25日、ロシア・ワールドカップのグループB第3節が行われ、ポルトガルvsイランは1-1のドローに終わった。だが、この試合でVAR(ビデオアシスタントレフェリー)チェックによる中断が何度となく起こったことに、往年の名FWアラン・シアラー氏が一石を投じている。

シアラー氏は自身のSNSで「なんて茶番だ!」とVARについて言及。

「これまで今大会から採用されたVARについて、トラブルのもとになるのではと懸念していた。それがまさに現実のものとなったね。VARはまさしく試合をぶち壊すものだ」

このメッセージを受けて、元ノルウェー代表のヨン・アルネ・リーセ氏は「VARはあくまで判断材料であって、最終的にジャッジするのは主審だ。これはレフェリーを補助するものであって、機能しているのでは?」とシアラー氏にリプライ。シアラー氏は「確かにそうなんだよ。だけど、それでも正しい使われ方がされていると思えない。本当にレフェリーの助けになっているのかね?」と返信し、VARに否定的な見解を示した。

ポルトガルvsイランの一戦では、VARチェックのため何度となく試合がストップ。ポルトガルの1点リードで迎えた51分には、VAR確認ののち、ポルトガルにPKが与えられた。だが、クリスティアーノ・ロナウドはこのチャンスを生かせず、イランGKにセーブされてしまった。

その後、後半アディショナルタイムには、ポルトガルが自陣エリア内でハンドの反則をしたとして、VARチェックのうえでイランにPKが与えられた。イランはこの決定機をものにして、土壇場で1-1の同点に追いついている。そのほか、この試合では多くの局面で、両チームの選手、監督がVARチェックを主審に促すシーンが散見された。

ポルトガル代表MFジョアン・マリオは試合後、VARの介入について「VARによって何度となく試合が中断した。ベストを尽くし、勝ち上がりが決まったことは重要だが……」と不満を口にしている。

グループBは結果的に首位スペイン、2位ポルトガルで、勝ち点5で並んだ両チームの勝ち抜けが決まった。その一方で重要な局面でVARへの依存度が高まるあまり、試合の流れが度々断絶されるという弊害も浮き彫りになりつつあるようだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
次の記事:
豪州の戦いぶりに韓国紙が厳しい論調「4年前に比べてはるかに弱い。4強まで上がるかも不確実」
次の記事:
元イングランド代表A・コールが英2部ダービーに加入…元同僚ランパードとPL昇格へ
閉じる