UEFAがVARの導入拡大を発表…19-20シーズンからCL、ユーロ2020でも採用が決定

コメント()
Getty Images
W杯で注目されたVARはUEFA主催大会でも活躍することになりそうだ。

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が来シーズンのチャンピオンズリーグで導入されることが決まった。

ロシア・ワールドカップで正式に運用されたVARは、2017-18シーズンからセリエAとブンデスリーガ、2018-19シーズンからリーガ・エスパニョーラとリーグ・アンと欧州5大リーグのうち4リーグで採用。一方で、CLをはじめとする欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会では、今シーズンからの導入を見送られていた。

しかし27日、UEFAは2019-20シーズンより、チャンピオンズリーグでVARを導入することを発表。さらに、2019年のUEFAスーパーカップとユーロ2020でも同システムを運用することが決まった。一方で、ヨーロッパリーグは2020-21シーズンからVARを使用することになる。

UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は「チャンピオンズリーグで効率的に運用されるためのシステムの確立やマッチオフィシャルへのトレーニングを行う時間が十分にあることから2019年8月にビデオ・アシスタント・レフェリーを導入できると我々は自信を持っている」とコメントした。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる