PSV、新指揮官にクラブOBファン・ボメルの就任を発表…ロシアW杯では豪代表コーチ

コメント()
Getty Images
PSVが、新監督にファン・ボメルを招へいしたことを発表した。かつてPSVでプレーした名MFが、トップチームで監督としてのキャリアを歩むことになった。

エールディヴィジのPSVを指揮していたフィリップ・コクーは、トルコのフェネルバフチェを率いることになった。空席になっていたPSV指揮官の座だが、クラブOBマルク・ファン・ボメルの就任が決まったようだ。

PSVは22日、新監督としてファン・ボメルを招へいしたことを発表した。契約期間は2021年までの3年契約。

1977年生まれ、現在41歳のファン・ボメルは1999年から2005年までPSVでプレー。その後、バルセロナ、バイエルン、ミランを経て、2012年にPSVに復帰。2013年で現役を退いている。

ファン・ボメルはPSVでU-19チームの指導経験を持つ。その一方では現在、義理の父でもあるベルト・ファン・マルヴァイク監督の補佐役として、オーストラリア代表のコーチを務めている。

これまで選手として数々の輝かしい実績を残してきたファン・ボメル。新シーズンからは、元同僚コクーの後を引き継ぐ形で、古巣PSVのトップチームを指導することになった。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる