L・スアレス、VARの存在について「ゴール祝うためのアドレナリンを失わせる」

コメント()
Getty

2日のリーガ・エスパニョーラ第3節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのウエスカ戦で8−2の大勝を収めた。この試合で2得点を記録したFWルイス・スアレスは、開幕3連勝を果たして首位に立っていることへの満足感を表している。

スペイン『Beinスポーツ』がウルグアイ代表FWのコメントを伝えた。

「序盤に勝ち点をプレゼントしていたら、リーグ戦は難しいものになってしまう。チームがゴールを決めて、リズムをつかむことは重要だ。リーグ戦はまだ始まったばかりだが、首位に立っているのは大切なことだね」

L・スアレスの1点目はDFジョルディ・アルバの折り返しから生まれたが、オフサイドの疑いがありVARの判定を待つことになった。同選手はVARについて、次のような見解を述べてている。

「VARはゴールを祝うためのアドレナリンを失わせ、祝う気を起きなくさせる。でも必要であったのは確かだし、まあ良いことじゃないかな」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
次の記事:
インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」
次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
次の記事:
ファーディナンド、ジョルジーニョを糾弾 「走れない」「守備できない」「アシストできない」
閉じる