J屈指の攻撃力を誇る川崎FとFC東京。火花散る多摩川クラシコを制するのは?【プレビュー/J1第13節】

コメント()
©J.LEAGUE
5日に行われる明治安田生命J1リーグ第13節で、4位の川崎フロンターレと2位FC東京が対戦。多摩川クラシコを制するのは?

明治安田生命J1リーグは中盤戦に突入。第13節がゴールデンウィークの5日から6日にかけて行われる。

等々力陸上競技場では4位・川崎フロンターレと2位・FC東京が激突。東京都と川崎市の間を流れる多摩川を挟んだライバル同士の火花散る戦いの行方は果たして?ともに上位で迎える大一番を展望する。

■連勝ストップの川崎F。直接対決でライバルを上回れるか

川崎Fは前節、ホームで浦和レッズに0-2で敗戦。後半立ち上がりまでに2得点を献上し、苦しい展開となるなか、守護神のチョン・ソンリョンが浦和FWアンドリュー・ナバウトを倒して一発退場。3人の交代枠を使い切っていた川崎Fは、DF奈良竜樹が急遽ゴールマウスを守るアクシデントに見舞われた。1人少ないながら終盤の20分に猛攻を仕掛けたが、数的不利の影響もあって得点を奪えず、0-2の完封負けを喫した。

鬼木達監督は「最終的に10人であれだけアグレッシブに戦えたので、最初からああいう姿勢をもっともっと出せれば良かった」と試合後に悔しさを滲ませつつも、「ああいう形でも選手たちが一つになって勝利を目指してくれたこと。これは次のゲームにつながると思う」と苦しい展開でも攻めることを止めなかった選手たちを評価した。

浦和戦では小林悠を1トップに置き、大久保嘉人や齋藤学といった攻撃の切り札は後半から起用。タレント揃う前線がどんな組み合わせとなるのか。昨季FC東京に移籍し、今季再び川崎Fに復帰した大久保の存在も注目ポイントだ。

守備では首位のサンフレッチェ広島に次ぐ失点「9」と鉄壁の守備を誇る。今節は守備の要であったGKチョン・ソンリョンが出場停止となるが、谷口彰悟や奈良を中心としたDF陣が堅守をけん引したいところ。

「気持ちのところを切り替えて、またホームなので良い試合をしたい」と奈良が語るように、ホーム連戦で連敗は、サポーターにも示しがつかない。迎えるFC東京との上位決戦を制して上位生き残りを実現したいところだ。

■2トップだけで15発。J1最多得点を誇るFC東京

FC東京が今季から指揮する長谷川健太体制で躍進を遂げている。開幕3試合は勝利なしとスタートダッシュに失敗したものの、第4節からは7勝1分け1敗と上位を快走。2位につけ、圧倒的な強さを見せる首位の広島を追走している。

好調の要因はやはりディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑の2トップだ。長谷川監督は、DFを背負えて背後への抜け出し、フィニッシャーとしての能力を兼ね備えるオリヴェイラの相棒に、圧倒的なスピードを武器にする永井をチョイス。前線から激しいプレスをかけて相手のミスを誘い、電光石火の得点パターンを見せれば、中盤からの鋭い縦パスを察知し、背後への効果的な抜け出しから得点を奪うなど、豊富な攻撃パターンからゴールを量産している。

永井はオリヴェイラとの関係について「お互いに推進力を備えているので、ふたりで(攻撃を)完結できればいい」と語れば、オリヴェイラは「永井と長い時間を共有しているので、より一層のコンビネーションがある」と連携に自信を見せている。

FC東京はここまで12試合を消化してJ1最多得点となる19ゴールをマーク。そのうちオリヴェイラと永井は15ゴールを決めており、前線の2枚がいかに強力なのかが見て取れる。前節はアウェイでヴィッセル神戸とスコアレスドローに終わったが、その前線2枚は後半の早い時間帯で下がっており、5日の決戦に向けてコンディションは万全のものと見られている。

川崎F相手には直近1勝分3敗と分が悪いが、昨季に限れば1勝1分で勝ち越している。より攻撃的な陣容となった新生・FC東京が、ディフェンディング・チャンピオンの川崎F相手にゴール量産なるか。オリヴェイラと永井の強力2トップに期待がかかる。

■J1第13節 試合日程

5/5(土)
14:00 北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪(札幌厚別)
14:00 柏レイソルvsジュビロ磐田(三協F柏)
14:00 川崎フロンターレvsFC東京(等々力)
15:00 セレッソ大阪vsV・ファーレン長崎(ヤンマー)
17:00 鹿島アントラーズvs浦和レッズ(カシマ)
19:00 名古屋グランパスvs横浜F・マリノス(豊田ス)

5/6(日)
15:00 サガン鳥栖vs清水エスパルス(ベアスタ)
16:00 湘南ベルマーレvsベガルタ仙台(BMWス)
17:00 サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸(Eスタ)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
次の記事:
元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」
次の記事:
死闘制して準々決勝も、韓国メディアは自国の戦いに辛辣「90分で勝ち切れる相手に…」
次の記事:
プロサッカー選手を目指したボルト氏が“現役引退”「スポーツ人生はこれでおしまい」
次の記事:
「ハラスメントに当たる行為」フランス選手会がラビオを“干す”PSGに警告
閉じる