J初のシンガポール人選手が誕生!松本がDFアンダース・アプリンを期限付き移籍で獲得

コメント()
©J.LEAGUE
Jリーグに初のシンガポール出身プレーヤーが誕生する。

松本山雅FCは17日、シンガポールのゲイラン・インターナショナルFCよりDFアンダース・アプリンが期限付き移籍で加入することを発表した。Jリーグへのシンガポール出身選手の参戦は史上初となる。なお、移籍期間は2018年8月1日より2019年1月1日までとなる。

アプリンはシンガポール代表候補に選出経験のある27歳。松本はアプリンが所属しているゲイラン・インターナショナルFCと業務提携を結んでおり、今年の2月にトップチームの二次キャンプに参加していた。

加入にあたりアプリンは「松本山雅FCに加入する機会を頂き大変感謝しています。日本のサッカーのレベルはとても高く、アジアの中でもトップクラスです。また、シンガポール人初のJリーガーになることができて、とても嬉しく思います。これからの挑戦を楽しみにしていますし、全力を尽くします」とコメントしている。

松本は今季の明治安田生命J2リーグで5連勝、9試合無敗中と絶好調。勝ち点『56』で首位を走っている。

ASEAN加盟国からJリーグに参加するのは6選手に。タイから北海道コンサドーレ札幌のチャナティップ、サンフレッチェ広島のティーラシン、ヴィッセル神戸のティーラトン、FC東京のジャキット、セレッソ大阪のチャウワットがすでに所属。アプリンは初のシンガポール人プレーヤーとなった。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「優勝候補だが期待以下」韓国紙が森保ジャパンを酷評…サウジとは「大きな差はない」
次の記事:
日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…
次の記事:
“難敵”サウジを警戒するも…原口元気は大一番に向けて自信「いつも通り一番良い準備ができた」
次の記事:
「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み
次の記事:
注意すべきは序盤の失点。サウジのスピードを封じ、原口、南野らアタッカー陣はサイドと裏を突けるか
閉じる