Jリーグ、ルヴァン杯、J1参入POなどの最大14試合でVARの導入が決定

コメント()
(C) Getty Images

Jリーグは24日、2019シーズンの一部試合においてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することを決定した。

VARはJリーグYBCルヴァンカップのプライムステージ全13試合とJ1参入プレーオフの1試合の最大計14試合で導入される。さらに、2月16日に行われるFUJI XEROX SUPER CUPの『NEXT GENERATION MATCH』でも導入されることが決まった。

Jリーグが導入を決めた理由は「審判の判定のうち、試合結果に影響を与える『明白で明らかな誤り』について、VAR導入試合においては限りなくゼロに近づく」また、「選手による乱暴な行為や審判に対する異議等が減り、よりフェアでクリーンなプレーが期待できる」としている。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる