HSV伊藤が見せ場を作るも…8年ぶりの“ハンブルク・ダービー”はドロー決着/ブンデスリーガ2部

コメント()
(C)Getty Images

ブンデスリーガ2部は30日に第8節が行われ、ハンブルガーSVとザンクト・パウリが対戦した。

同じハンブルクに本拠地を置くチーム同士による“ハンブルク・ダービー”。直近2試合で勝ちのないHSVでは、酒井高徳が先発出場し、伊藤達哉はベンチスタートに。2連勝と好調のザンクト・パウリは、宮市亮がベンチからのスタートとなった。

8年ぶりに行われた両者の激突は、HSVの本拠地フォルクスパルクシュタディオン開催。試合序盤からダービーらしく熱狂に包まれる。最初のチャンスはアウェイのザンクト・パウリ。6分、FKからこの試合最初の枠内シュートを放ったが、GKポラーズベックが好セーブを見せた。

その後はHSVがボールを握る展開に。チャンスを作るシーンも何度かあったが、得点を奪うには至らない。前半はスコアレスで折り返した。

後半も両者とも攻めあぐねる展開に。53分、HSVはハントを下げて伊藤を投入して局面の打開を図る。すると、HSVの攻撃は活性化。ハン・ヒチャンがビッグチャンスを迎えるが、シュートは枠を捉えない。

60分過ぎには、伊藤が相手との接触で熱くなる場面も。両チームの選手がヒートアップする場面も増えていく。

その後は両チーム選手を入れ替えて得点を目指すが、ビッグチャンスは生まれない。80分には左サイドの伊藤が得意のカットインからラストパスを送ったが、シュートに持ち込めなかった。伊藤は積極的なドリブルを見せ、相手守備陣の脅威となる。

ホームのHSVは終了までゴールを目指したが、得点は生まれず。ダービーはスコアレスドローに終わった。なお、宮市に出場機会は訪れなかった。

この結果、3試合勝ちなしのHSVは勝ち点14で暫定2位に。一方のザンクト・パウリは、同13となっている。

■試合結果
HSV 0-0 ザンクト・パウリ

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
豪メディアが森保一監督の発言に注目「日本は我々を恐れていない」ラウンド16で戦うF組2位に関心
次の記事:
神戸、元日本代表DF伊野波雅彦と契約を満了…昨季はリーグ戦10試合に出場
次の記事:
エジルとの不仲が報じられるも…エメリは自身の哲学を主張「摩擦がチームをより良くする」
次の記事:
チェルシー、イグアインのローン移籍で保有権を持つユーヴェと合意か…45億円の買取OP付き
次の記事:
元Jリーガーのドゥンビアが値千金同点弾…アウェーGでアトレティコを上回り、ジローナが国王杯8強へ
閉じる