Goal編集長が再び炎上!?ミランのファンから届いた大量ツイートが伊紙でも話題に

コメント()
©Getty Images
過去にアトレティコ・マドリーやペルーのサポーターから大量のメッセージが寄せられ炎上を経験したGoal編集長だが、今度はミランのファンからツイートが相次いで届いている。

サッカーニュースサイト『Goal』日本語版編集長を務める大川佑(たすく)に、驚きの理由でイタリアのミランサポーターから大量のメッセージが寄せられた。イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』も5日、この件を大きく報じている。

ことの発端は、欧州サッカー連盟(UEFA)が27日、ミランに対し、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の規約に抵触したとして、UEFA主催の大会から2シーズン除外すると発表したことだ。これを受け、ミランはスポーツ仲裁裁判所(CASまたはTAS)に処分の撤回を求めて提訴。ミランサポーターもスポーツ仲裁裁判所に対しメッセージを送り、嘆願を行った。

ところがスポーツ仲裁裁判所へ届くはずのメッセージが、大川編集長のツイッターアカウントへ大量に寄せられている。大川編集長は、自身のニックネーム「タス」にちなんだアカウント「@tas」を使用しており、多くのミランサポーターがスポーツ仲裁裁判所(TAS)と勘違いし(あるいは確認するまでもなく)ツイートを寄せたようだ。

そこで、大川編集長は機転を利かせ、イタリアからの思わぬ大量メッセージにイタリア語で応答。「ミラニスタの皆さん、私の名前はタスク。愛称はタスです。@TASでツイートしないでください」と“返答”した。

するとこれがさらなる反響を呼び、イタリア主要紙でも話題が取り上げられた。「ミラン、サポーターがTASに大量のメッセージ。だが宛先は日本人だった」との見出しで伝え、「イタリアだけでなく世界中からタスク・オオカワに無数のメッセージが寄せられた」と綴っている。

また大川編集長についても紹介。「実は彼はスポーツ関係者で、『Goal』日本編集部の編集長だった」と付け加えている。イタリアでは間もなく同系列の動画配信サービス『Dazn』が開始されるため、さらなる話題となったようだ。

なお大川編集長には過去にも、同じようにスポーツ仲裁裁判所と勘違いしたアトレティコ・マドリーやペルーのサポーターからも、大量のツイートが寄せられたことがある。

Goal_worldcup_article_banner

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
バルセロナ加入のボアテング、レアル贔屓の発言は「もう過去のこと。次のクラシコでゴール決めたい」
次の記事:
「本来ならボールを握りたいが…」森保監督、耐え忍んでの勝利に「1つのオプションができた」
次の記事:
スカウティング通りのCKからの得点…吉田麻也、分析スタッフを誇る「日本人は緻密」
次の記事:
開催国UAEがキルギスとの延長に及ぶ死闘制す!準々決勝では前回王者オーストラリアと激突/アジア杯
次の記事:
日本対サウジの一戦を『FOXスポーツ』が採点…最高点は吉田&冨安のCBコンビ!
閉じる