G大阪、今野泰幸が右足関節負傷で全治2カ月…ロシア行きは絶望的に

コメント()
©J.LEAGUE
ガンバ大阪のMF今野泰幸が、右足関節前方インピンジメント症候群で全治2カ月の診断を受けた。

ガンバ大阪は23日、MF今野泰幸が手術を行ったことを発表した。

今野は今シーズンの開幕前に右足首を負傷。3月18日の第4節・柏レイソル戦で今季初出場を果たしたものの、その後1カ月半ほど離脱。2日の明治安田生命J1リーグ第12節・ベガルタ仙台戦で約1カ月半ぶりに出場し、13節の北海道コンサドーレ札幌、第14節の横浜F・マリノス戦と続けて先発入りしたものの、前半45分のみで退いていた。

クラブは今野が22日に手術を行ったとし、右足関節(みぎそくかんせつ)前方インピンジメント症候群で全治2カ月の診断を受けたことを発表している。

今野は、ロシアW杯に臨む日本代表の予備登録メンバー35人に名を連ねていたが、西野朗監督は18日の記者会見で「残念ながら外さざるをえないことになりました」と言及しており、ロシア行きは絶望とされていた。

3大会連続でのW杯出場を目指していた今野だが、その夢は無念にも絶たれることとなった。

gamba.jpg

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる