F・トーレス、古巣リヴァプールの思い出を語る「アンフィールドでは無敵だと感じていた」

コメント()
Getty Images
今季限りでアトレティコを退団するスペイン人FW

アトレティコ・マドリーFWフェルナンド・トーレスが、古巣リヴァプールでの思い出を語っている。

先日、今季限りでのアトレティコ退団を発表したF・トーレス。アトレティコのカンテラ(下部組織)出身であるスペイン人FWだが、2007年に一度同クラブを離れ、その後リヴァプール、チェルシー、ミランでプレーして2015年1月に復帰を果たした。

F・トーレスはスペイン『beIN Sports』で次のように話している。

「僕はずっとアトレティコにいたかった。成長してヨーロッパの舞台でプレーしたかった。だけど、それはとても時間がかかることだった。僕は(退団した2007年に)自分がブレーキになっているという感覚を抱いていた。何もかもが僕に集中していて、クラブの成長を妨げていると思った」

「その時、僕は初めて自分の夢を犠牲にしなければならないと感じた。僕はただアトレティコにいたかっただけ。それが何より重要な存在だからね」

F・トーレスはリヴァプールでの日々を懐かしんでいるのかもしれない。

「初めての試合をよく覚えているよ。チェルシー戦だった。なんにも聞こえなかったんだ。(当時のチームメートであるペペ)レイナが僕のところに来て、『君はこの歓声に値するよ。楽しんでくれ』と言ってきた」

「だから次の試合で、僕は彼に言ったんだ。『このスタジアムでなら、毎試合ゴールを決められそうだよ』とね。アンフィールドで、僕は無敵だと感じていた」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ミランが“レヴァ2世”ピョンテク獲得!移籍金は約44億円…イグアイン退団決定後に発表
次の記事:
バルセロナがアヤックスの逸材デ・ヨングを最大100億円超で獲得…合流は今季終了後に
次の記事:
イグアイン、期限付きでチェルシー加入が正式決定…恩師サッリとロンドンで再会
次の記事:
バロテッリと酒井宏がチームメイトに! マルセイユが獲得を公式発表
次の記事:
ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否
閉じる