F・トーレスの鳥栖初ゴールに欧州メディアも注目「ノーゴールの恐怖は7試合で終了」

コメント()
J League Photo
天皇杯4回戦、鳥栖vs神戸でF・トーレスが来日後の公式戦で初ゴールを決めた。このゴールについて、ヨーロッパメディアもこぞって取り上げている。

22日に行われた天皇杯4回戦、サガン鳥栖vsヴィッセル神戸で、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが日本での公式戦初ゴールを決めた。

鳥栖の2点リードで迎えた84分、福田晃斗が敵陣左サイドで混戦からボールを保持してカットインすると、放たれたマイナスクロスにトーレスは右足ダイレクトでゴール右隅へとシュートを放ち、ダメ押しゴールを記録した。このゴールはヨーロッパメディアでも大きく取り上げられている。

イギリス『デイリー・メール』は次のようにトーレスのゴールを報じている。

「元リヴァプールのスターは、夏にアトレティコ・マドリーから鳥栖へと新天地を求め、ここまで7試合に出場している。そのトーレスがエンペラーカップ(天皇杯)で(アンドレス)イニエスタ所属の神戸からゴールを奪った」

「鳥栖はこのカードで勝利したにもかかわらず、今季はJ1で残留争いのポジションにいる。対象的に、イニエスタ所属の神戸はトップから勝ち点13差の4位に付けている。現在のリーグ首位はサンフレッチェ広島で、元バーンリーFWベサルト・ベリシャがプレーしている」

また、フランス『レキップ』は「スペインFWにとって、無得点の恐怖は7試合で終わった」という見出しを付け、「日出ずる国に移って以来、トーレスは日本で7試合静かな時間が続いていた。だが、同じくJリーグの新人選手である同胞イニエスタの前で、トーレスはチームの3点目を決めた」と伝えている。

トーレスが移籍先にJリーグを選んだことはヨーロッパのメディアでも広く伝えられていたが、日本での公式戦初ゴールがイニエスタ所属の神戸相手だったということもあり、鳥栖vs神戸のトーレス初ゴールは欧州主要メディアでも大きく取り上げられている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
次の記事:
モウリーニョ本の著者が語るスペシャル・ワン失敗の理由…レアル帰還の可能性も?/独占インタビュー
次の記事:
「頼れる存在がいなくなったことで、今シーズンは違ったチームになる」。内田篤人が語る鹿島、小笠原、そして…
次の記事:
モウリーニョが語る時代の変化…「監督は練習を指導する人間で、規律を守らせる役割ではない」
次の記事:
G大阪MF二川孝広、関西1部へ完全移籍「JFL昇格を実現するため全力で戦う」
閉じる